歴史的建造物について
ジェネスプランニング株式 HOME > 歴史的建造物について

地域的展開の重要性

歴史的建造物を一棟だけ、あるいは、屋敷内にある数棟だけを保存して活用する例は、最近各地で多くみられるようになりました。
1995年に世界遺産に登録された岐阜県の白川郷は、集落として文化的景観の分野で登録されていますが、地域的展開にはこのような価値があります。点から線、あるいは面へと地域的に残すことは、環境や文化を含めて、都市の歴史を伝えることとなり重要な事です。

地域的展開のためにとられている方法

地域的な保存あるいは活用の方法は、まだ体系化されておらず、その地域ごとに、その地域の事情にあった形で実践されています。その中で成功しているいくつかの事例を紹介します。

今まで携わってきた実績

○登録有形文化財・東京大学野球場調査、観覧席修理工事
○登録文化財の融資に関する検討(NPO幸彦・木芳会)
○登録有形文化財・すぺーす小倉屋 改修工事 設計監理
○登録有形文化財・根津教会 改修工事 設計監理
○登録有形文化財・鳳明館 調査
○登録有形文化財・本郷中央教会 調査
○登録有形文化財・實相寺 調査
○登録有形文化財・山本歯科医院 調査
○登録有形文化財・山本歯科医院 2階診療室・待合室模様替え工事
○登録有形文化財・龍泉寺、瀧神社及び八平神社調査
○登録有形文化財・妙福寺祖師堂 修理工事設計監理
○登録有形文化財・東京諸聖徒教会 調査
○登録有形文化財・教證寺 調査
○登録有形文化財・神谷バー 調査
○登録有形文化財・目白ヶ丘教会 調査
○河合ビル 塗装剥離洗浄工事
○難波商店 調査
○妙本寺 耐震補強工事・設計監理(その後、「日本遺産」になる)
〇他、個人住宅多数:設計・監理