プロフィール

【氏名】 三舩 康道
1949年岩手県生まれ。千葉大学建築学科卒業、東京大学大学院博士課程修了工学博士。技術士(総合技術監理部門・建設部門)、一級建築士。ジェネスプランニング株式会社代表取締役。
みなとみらい21地区防災計画の作成、スマトラ島沖地震インド洋津波バンダ・アチェ市復興特別防災アドバイザーとして復興計画の作成、その他各地の防災関連の業務を行う。

【委員 等】
■現在
・希望郷いわて文化大使
・NPO法人 歴史的建造物とまちづくりの会 理事
・NPO法人 災害情報センター 理事
・東京文化資源会議 幹事
・災害事例研究会 代表
・台東区まちづくり 相談員
・盛岡市まちづくり アドバイザー

■防災関連の経歴
・時代の潮流を見据えた防災まちづくりの在り方研究委員会 委員
・安全百年の計研究懇談会 委員
・墨田区災害復興支援組織 代表
・地方の元気再生事業「YOKOSO ASAKUSA」委員会 委員
・バンダ・アチェ市復興計画特別防災アドバイザー
・見附市防災まちづくり委員会 委員長
・地域安全学会 理事
・国際連合地域開発センター 日中防災比較研究委員会 委員
・日本技術士会 災害対策調査委員会準備会 委員
・都市計画学会 防災・復興問題研究特別委員会 委員
・逗子市地域防災計画策定基礎調査委員会専門委員

■景観関連の経歴
・東京都歴史的建造物を活かした観光まちづくり事業 委員
・浅草地区観光まちづくり推進協議会 委員
・歴史・文化のまちづくり研究会 代表
・見附市中心市街地活性化委員会 委員長
・日本建築学会 歴史意匠委員会 委員
・千代田区景観アドバイザー
・長岡デザインフォーラム準備会 委員
・八幡林トンネル周辺景観検討委員会 委員長

【著書】
「日本列島震度7の時代到来」近代消防社
「密集市街地整備論」早稲田大学出版部
「東日本大震災を教訓とした 新たな共助社会の創造」近代消防社
「減災とネットワーク」学芸出版社
「東日本大震災からの復興覚書」(共著)万来舎
「災害事例に学ぶ!21世紀の安全学」(編著)近代消防社
「安全と再生の都市づくり」(共著)学芸出版社
「地域・地区防災まちづくり」オーム社
「まちづくりキーワード事典・第三版」(編著)学芸出版社(日本図書館協会選定図書)
「まちづくりの近未来」(編著)学芸出版社
「歴史的遺産の保存・活用とまちづくり 改訂版」(編著)学芸出版社
など

【所属団体】
日本建築学会・日本都市計画学会・地域安全学会
東京建築士会・日本都市計画家協会・地区計画学会